淋しいからなのかな? 一日中テレビはつけっぱなし 真夜中のテレビショッピングが心の友かも

テレビはほぼ一日中つけっぱなしです。ゴルフや競馬のようにほぼ興味のない番組しか放送していない土曜の午後も、何度か見たことがあるような再放送ドラマしかない平日のお昼間も、消せばいいのにテレビはつけっぱなしです。テレビ中毒、テレビ依存症、そういうキーワードでネットで検索して 出て来る記事を読むと、よくないな~とは思うのですが、テレビを消している間の家の中のシーンとした感じに耐えられず、またつけてしまう毎日です。もっとよくないのは、真夜中もテレビを消せずに、一晩中朝までテレビをつけっぱなしなことです。夏と冬は窓を閉め切っていますが、気候のよい春と秋はどこのお宅も窓を開けているので真夜中のテレビの音は迷惑をかけていると思います。

そして、各テレビ局のテレビショッピング番組についつい釣られ、いろいろなものを買ってしまいます。ミシンやスチームでお掃除できる機械のように、すでに買ってあるのに、また別のを買い込んでしまって、先のをこっそり不燃ごみの日に出したり。足踏みステッパーやスライド式のものは妹や知人に譲ったり。もちろん、買ってよかったものもありますが、2,3度身に付けただけの補正下着や、 2,3回飲んだだけのサプリメントは数知れず。

でも、返品保証があるものでも返品したことはありません。面倒なせいも有ると思いますが、テレビでその商品の紹介を見ている時にいいな~と思い、電話をかけて、これで手に入った!と思ったときの嬉しさを無かったことにしたくはないからです。