結婚相談所、友人の語るイイトコロ

友人と何気ないお喋りをしていて、この前盛り上がったのが「結婚相手と出会ったシチュエーションは何か!?」という話でした。その友人は恋愛結婚だと、私は思っていたのですが、意外なことにお見合いで今の旦那様と結婚したとのことでした。なんでも、学生時代や職場で何回かお付き合いはしたが、いまいちピンと来ず、結婚相談所というところで相手を探してもらったのだそうです。

ちなみに彼女のご両親もお見合い結婚で、円満な家庭だったため結婚についてはお見合いがベストだと思っていたから、というのもあるかもしれません。では、普通に恋愛相手から結婚相手を探すのと、結婚相談所で探してもらうのと、どう違うのでしょうか?

私からすれば、なんとなく違うのだろうということしか見当がつきません。友人曰く、

いろんな相手から選ぶことができる
相手の詳細な情報を知ってから選ぶことができる

この2点が大きなメリットだということでした。確かに、出逢った相手からしか結婚相手を選ぶしかないのなら、選択肢がかなり限られてきますもんね。また、学歴や勤務先など、出逢った直後の相手にはどうしても口先で見栄を張ってしまう方もいるのも事実です。

この点、結婚相談所だと、会う前から相手の細かい情報が分かっていますよね。このあたりのミスマッチも避けることができます。

自分の希望する条件に対して結婚相談所の方が選んで下さるので、自分で好みの異性を探すという多大な労力が省けるというのもかなり嬉しいのではないでしょうか。

さて、ここまで話を聞いてしまうと、どうしてもお見合いの方が圧倒的によさそうに見えてきますよね…(笑)